> オーバーホールQ&A



Check



| | コメント(0) | トラックバック(0)

オーバーホール (overhaul) とは、レギュレーターなどダイビング器材を部品単位まで分解、
洗浄、再組み立て、調整を行い、新品時の性能状態に戻す作業のことです。

ダイビング器材の洗浄、劣化部品の交換、調整を主目的とします。




| | コメント(0) | トラックバック(0)

ダイビング器材には、Oリングなどの内部パーツはゴム製のものが多く、変形や劣化しますので
定期的に交換が必要です。金属部分も塩分によるサビや塩ガミなどを起こします。

お預かりしたダイビング器材は、受付(カルテ作成)後、全てを分解し、超音波洗浄などで洗浄し、
交換パーツを交換し組み立て、そしてメーカー規定値に調整しチェック後、丁寧に梱包しお返し
します。少しでも調子が悪いと思ったら、オーバーホールにお出しください。





| | コメント(0) | トラックバック(0)

ククーバダイビングは使用する器材への依存度が高いものです。
メンテナンスされていない器材を使用することは、大変危険です。
安心で楽しいダイビングをするためには、常にベストなコンディションを維持しておく必要があります。
定期的なダイビング器材のオーバーホールが必要です。
大事な器材をより長く使用するためにも、オーバーホールは必要です。





| | コメント(0) | トラックバック(0)

ダイビング器材のオーバーホールで、メーカーが定める指定の交換パーツがあります。

ワランティカードやメーカーへのユーザー登録があり、メーカー規定の有効な場合は、
交換パーツ代は無償です。

しかし、

・ワランティ制度の無いメーカーのダイビング器材の場合
・ワランティカードの無いまたは無効の場合
・メーカー指定外のパーツを修理などで交換する場合

などは有償となります。





| | コメント(0) | トラックバック(0)

ダイビング器材で安全にスクーバダイビングを楽しむためには、お使いのダイビング器材を通常、
潜水回数100本に1回、または1年に1回、オーバーホールに出すのが目安です。

お使いになっていなくても、Oリングなど変形、劣化しますのでオーバーホールに
出してベストのコンデションを保つことが必要です。






◆ オーバーホールお申込み方法
お申込みフォームにご記入の上、「お申込み」ボタンをクリックし当サイトよりお申込みいただきます。

オーバーホールお申込み確認メールにてお知らせする送付先へ、ダイビング器材オーバーホールご依頼器材とともに「ご依頼者名、ご返送先ご住所、お電話番号、オーバーホール依頼内容」のメモを同封、またワランティーカードがある場合は、そのワランティーカードを添えてお送りください。

オーバーホール中に高額な交換パーツ又は修理が必要と判断した場合は、お客様にご連絡いたします。

オーバーホール完了後、オーバーホール料、交換パーツ料、返送運賃、消費税など合計金額をお知らせしますので、当方からお知らせする銀行口座にお振込いただきます。ご入金確認後の器材返送となります。